就活名刺の注意点

就活名刺を使用する際の注意点はいくつかあります。せっかく名刺を持つのですから、名刺交換のマナーに沿って交換をすることが大切です。特にOB訪問については、時間を作って会ってもらっているという視点を忘れてはいけません。そのため、名刺は相手から出されても困らないようにあらかじめ用意しておきます。

両手で渡すOB訪問の際には、こちらから先に名乗って、就活名刺を両手で渡すようにします。受け取る際にも両手で行いますが、同時に交換する場合は、相手よりも低い位置に自分の名刺が来るように気を付けましょう。名刺は、その人の一部ですので丁寧に扱い、しまうことのないようにテーブルに置いておきます。

また、名刺そのものについても注意が必要です。普通のビジネスマンの名刺においては、用紙を工夫したりデザインを工夫したりすることで個性を出しますが、就活名刺においては、個性を出す必要はありません。オーソドックスなものにするのがよいでしょう。

また、就活名刺に載せる情報については注意します。SNSのアドレスなどを載せる人もいますが、内容に問題がないか考えます。そのような意味では企業の担当者に渡す名刺と、就活生同士で交換する名刺を区別する人もいます。

就活名刺のメリット

就職活動において、就活名刺を必ず使わなければならないということはありません。>就活名刺が合否に関わると不公平になるため、合否を左右することもありません</span。ですが、就職活動において就活名刺を使うことはメリットもたくさんあります。

まず一つ目は、OB訪問などで不意に訪れる名刺交換の場面で慌てずに済むことです。相手が名刺を出したのに自分が名刺を出さないと手持ち無沙汰になることもあります。また、OBと再度のアポイントメントをとるとき、就活名刺があれば相手にいちいち連絡先などを教える手間が省けます。

横のつながり二つ目は、就活生と横のつながりをつながることができる点です。就活名刺は何も企業の人に渡すだけではありません。同じ就職活動を頑張っている仲間と、就活名刺があれば連絡を取ることができます。就活仲間ができて交友範囲を広げることもできます。一人では難しい情報収集においても、同じ就活生から情報を得ることもできるからです。

三つめは、就職活動だけでなくインターンシップでも使用できる点です。インターンの学生を呼ぶ際に、いちいち履歴書で確認していては企業の人も面倒ですが、就活名刺があればそのようなときに便利だという企業の意見もあります。

就活名刺とは?

就活名刺とは、大学生が持つ名刺のことで主に就職活動のときに使うものです。自分の連絡先などを知らせたいときにいちいち口頭で説明することもなく相手に伝えられますので便利ですし、持っておくことがある種マナーの一つにもなっています。

名刺作成サービス名刺作成サービスにおいても、就活生を対象にしたものはたくさんあります。そのため、初めてであってもどのような名刺を作ればよいかわかります。就活名刺に載せる情報はいたってシンプルであり、大学の名前や氏名、住所や電話番号、メールアドレスなどです。場合によってはLINEIDなどを載せる人もいます

たいていの大学生は、就活名刺を作るのが初めての名刺作成です。どのようなデザインにすればよいのかわからない人もいますし、名刺にお金をあまりかけられない人もいるでしょう。そういったときには、就活名刺を作るサンプルからダウンロードし、自分で名刺用紙にプリントするという方法もあります。

豊富なサンプルから選ぶことができますので、自分のオリジナリティを織り込んだ名刺を作ることも可能です。就活名刺を持っていると、それだけで企業の人や就活生などいろいろな人とつながることができますし、相手に印象付けられます。

就活名刺の使い方

就活名刺とは、文字どおり就職活動の際に学生が使う名刺のことです。就職活動だけでなく、大学の1,2年次で始めることもあるインターンシップで使用する場合もあります。多くの大学では大学生協などで大学の校章を使った名刺を作成できますが、自分で作る人たちもいます。

就職活動においては、実際の選考では就活名刺を使うこともありませんし就活名刺があれば有利ということでもありません。しかし、OB訪問などで相手から名刺をもらうとき、自分も名刺を持っていれば名刺交換にも対応でき便利です。

名刺また、就活生が就活名刺を使う際には、名刺交換などビジネスマナーを身につけておくことが必要となります。就職活動の時から名刺を使う習慣があれば、いざ就職した際でも慌てることもありません。就活名刺に載せることは住所やメールアドレス、電話番号などがよいです。LINEIDやSNSアドレスなどを載せる場合は、SNSの内容に注意しておきましょう。

就活名刺を作るには、あえて個性的にする必要はありません。就活名刺のサンプルなどを参考にしながら、自分で作ってみるとよいでしょう。デザイン性があまりにも高く個性的ですとふざけている印象になることもありますので、就活名刺はオーソドックスなものにするとよいです。サンプルから選ぶようにすれば、知らずに悪い印象を与えることもありません。これから就職活動を迎える人は就活名刺について考えておくとよいでしょう。